日本語への翻訳:

  • お御輿   
    (noun   ) [phon: おみこし]
     
    portable shrine (carried in festivals)
  • お神興   
    (noun   ) [phon: おみこし]
     
    portable shrine (carried in festivals)
  • お神輿   
    (noun   ) [phon: おみこし]
     
    portable shrine (carried in festivals)
  • 御神輿   
    (noun   ) [phon: おみこし]
     
    portable shrine (carried in festivals)
  • 御輿   
    (noun   ) [phon: みこし]
     
    portable shrine (carried in festivals)
  • 神興   
    (noun   ) [phon: みこし]
     
    portable shrine (carried in festivals)
  • 神輿   
    (noun   ) [phon: みこし]
     
    portable shrine (carried in festivals)
  • おみこし   
  • みこし   

辞書英語 日本語で類似のフレーズ。 (4)

decorative portable shrineだんじり; 楽車; だんぢり; 山車; 檀尻
portable shrine dedicated to a god and shaped like a house屋体; 屋台; 家台; やたい
portable shrine used to transport a sacred objectお羽車; 羽車; おはぐるま; 御羽車; はぐるま
to carry a portable shrineみこしを担ぐ; みこしをかつぐ; 御輿を担ぐ

"portable shrine"を使った例文、翻訳メモリ

add example
Shinkosai is a shrine ritual where three large portable shrines on which the gods are seated : Nakagoza mikoshi ( hexagonal shaped portable shrine served by Sanwaka shinyokai ) ; Higashigoza mikoshi ( portable shrine enshrining Kushinadahime no mikoto - a goddess - served by Shiwaka shinyokai ) ; and Nishigoza mikoshi ( octagon shaped portable shrine enshrining Yahashiranomikogami ( son of Kushinadahime no mikoto ) served by Nishiki shinyokai ) , from the Yasaka-jinja Shrine pass through each ujiko machi ( town of shrine parishioners ) to otabisho ( place where the sacred palanquin is lodged during a festival ) located in Shijoteramachi ; the otabisho is purified by the Yamahoko Junko .神幸 祭 は 山鉾 巡行 で 浄め られ た 四条 寺町 に あ る 旅所 へ 、 八坂 神社 から 中 御座 神輿 ( なか ござ みこし ) ・ 東御座 神輿 ( ひがし ござ みこし ) ・ 西 御座 神輿 ( に しござ みこし ) の 大神輿 3 基 に 召 し た 々 が 各氏子 町 を 通 っ て 渡 る 神事 。
Three large portable shrines , and one shrine carried by children , just completing the miyadashi ( opening event of a festival by portable shrines to be carried out of the shrine ) from the shrine , come together in soroibumi ( appearance together ) in front of the Ro-mon Gate at the Gion Ishidanshita crossing ; the mikoshi carriers bravely carry up all the portable shrines to rampage about , when the cheers of the spectators reach their peak in front of the Ro-mon Gate .神社 から の 宮 出し を 完了 し た 3 基 の 大神輿 と 1 基 の 子供 神輿 は 祇園 石段 下 交差 点 の 楼門 前 に 集結 し て の 揃い踏み にて 神輿 全 基 連合 で 勇壮 に 担ぎ上げ られ 練 り 暴れ て 、 楼門 前 は 歓声 に 涌 き かえ る 。
The last rampaging procession by the portable shrines ends in front of the buden and the portable shrines are kept on the buden to have mitama utsushi ( to replace Mitamashiro - something worshiped as a symbol for the spirits of the dead ) , while the Yasaka-jinja Shrine lights dim down in the darkness ; the festival gods seated on the portable shrines then return to the main shrine to have a silent ending of the Mikoshi togyo .舞殿 前 にて 神輿 の 最後 の 暴れ ながら の 揉み が 終わ り 、 神輿 が 舞殿 に 上げ られ 安置 さ れ る と 境内 は 消灯 さ れ 漆黒 の 闇 と な り 御霊 遷 し が 行 わ れ 、 神輿 に 乗せ られ た 祭神 が 本殿 に 戻 さ れ 、 神輿 渡御 は 静か に 終了 する の で あ る 。
The portable shrines and gods rampage about the broad areas of shrine parishioners in the Yasaka-jinja Shrine including Yamahokocho ( towns with Yama or hoko , float ) to perform the miyairi ( ending event of a festival with the portable shrines being carried into the shrine ) in the Yasaka-jinja Shrine .今度 は 山鉾町 を も 含め た 八坂 神社 の 広大 な 氏子 地域 を 練り 暴れ ながら 八坂 神社 に 宮入 を 行 う 。
Miyadashi refers to taking the portable shrine outside the shrine 's premises , and miyairi refers to the entry of the portable shrine into the shrine 's premises after the visits .神輿 を 巡幸 の ため に 神社 の 境内 から 出 す こと を 宮 出 し ( みや だし ) 、 巡幸 を 終え た 神輿 が 神社 の 境内 に 入 る こと を 宮入り ( みやい り ) と い う 。
Also , when a festive " mikoshi togyo " ( parade of mikoshi ( portable shrine ) and priests for the divine spirits in the portable shrine moving to other places from the main shrine ) starts , the parade is sometimes guided by a person who plays the role of Sarutahiko by wearing a Tengu mask .また 、 祭礼 の 神輿 渡御 の 際 、 天狗 面 を 被 っ た 猿田彦 役 の 者 が 先導 を する こと が あ る 。
The festival is held throughout July and its highlights are : Mikoshi togyo ( parade of mikoshi - portable shrines , and priests for the divine spirits in the portable shrine moving to other places from the main shrine ) ; Yamahoko Junko ( costumed procession of Gion Festival Floats ) ; and Yoiyama ( the eve of the main festival ) .7 月 を 通 じ て 行 わ れ る 長 い 祭り で あ る が 、 神輿 渡御 や 山鉾 巡行 や 宵山 が 中心 と な る 。
Generally , at the rites and festivals held at shrines , large floats used to carry taiko ( drums ) at festivals such as dashi ( float ) , taiko-dai ( dashi including a drum ) , decorative portable shrine and so on , including mikoshi ( portable shrine carried in festivals ) ( carriage of deity ) .一般 的 に 神社 に おけ る 祭礼 に は 、 神輿 ( 様 の 乗り物 ) を はじめ と し て 山車 ・ 太鼓 台 ・ だんじり など の 屋台 など が 出 さ れ る こと が 多 い 。
On the Miyako oji ( main street of the capital ) , where yama and hoko floats , the moving museums , traveled in the morning , the portable shrines perform the transferral of the sacred object from its place of enshrinement , bravely rampaging about to perform the last splendid procession in the Shinkosai known as the otabisho miyairi ( ending event of a festival by portable shrines to be carried into the shrine ) in Shijoteramachi .朝 に 山鉾 が 動 く 美術 館 の 名 を ほしいまま に 巡行 し た 都 大路 を 今度 は 神輿 が 勇壮 に 練り 暴れ ながら の 渡御 を 行 い 、 四条 寺町 の 旅所 宮入り にて 神幸 祭 で の 最後 の 豪快 な 練り を 披露 する 。
While a mikoshi ( a portable shrine ) belongs to a shrine , a taikodai as well as a dashi usually belongs to the area of ujiko ( shrine parishioners ) who donate and maintain it , and the role of taikodai in rites and festivals is to accompany the Shinko-sai Festival ( a kind of Shinto ritual ; carrying the deity in a mikoshi from a shrine through the community ) , to lead its parades ( tsuyuharai ; a forerunner ) , and to dedicate them before the gods .神輿 が 神社 の 所有 物 で あ る の に 対 し て 、 太鼓 台 は 山車 と 同様 に 氏子 地域 から の 出し物 で あ る こと が 多 く 、 太鼓 台 の 祭礼 に おけ る 役割 は 神幸 祭 の お 供 や 先導 ( 露払い ) 、 および 神前 で の 練り に よ る 奉納 等 で あ る 。
Shintais that are updated include a gohei ( ritual wand with pleated paper ) , a mikoshi ( portable shrine carried in festivals ) , the onbashira ( huge pillars of fir tree ) of Suwa Grand Shrine , the shinden of Izumo Grand Shrine , and a yashiro as the shinden of ordinary shrines .御幣 や 神輿 や 、 諏訪 大社 の 柱 や 、 出雲 大社 の 神殿 や 、 通常 の 神社 の 神殿 と し て の 社 など が あ る 。
The shrine is the counterpart of Yoshimiko-jinja Shrine , and at the reisai ( regular festival ) on May 1 , portable shrines are carried around from both shrines .吉 御子 神社 と は 対 の 関係 に あ り 、 5 月 1 日 の 例祭 で は 両社 から 神輿 が 出 る 。
There are also festivals held in summer such as fishermen carry a portable shrine , or festivals held around spring through fall such as men carry or pull a portable shrine or a festival car ( float ) .また 、 真夏 に 、 漁師 を 主体 と し た 神輿 を 担 ぐ 祭 、 春 から 秋 に 掛け て 神輿 や 山車 を 担 い だり 曳 い たり する 祭り も あ る 。
Katugiyama-gata ( the style of carrying on a pedestal ) : Murotsu taiko-mikoshi ( Murotsu Japanese Drum Portable Shrine , Hyogo Prefecture ) , Tokuyama taiko-mikoshi ( Tokuyama Japanese Drum Portable Shrine , Yamaguchi Prefecture ) , Aso ondaue-matsuri ( Aso Crop Planting Festival , Kumamoto Prefecture )舁 山形 室津 太鼓 御輿 ( 兵庫 県 ) 、 徳山 太鼓 御輿 ( 山口 県 ) 、 阿蘇 田植 祭 ( 熊本 県 )
Other names of taikodai are taiko , futon-daiko ( mattress drum ) , chosa , chosai , senzairaku , yassa , yotsu-daiko ( literally , four drums ) , futon-mikoshi ( literally , mattress portable shrine ) , mikoshi-daiko ( literally , portable shrine drum ) , futon-danjiri , and taiko-yama , and the general terms are yatai and taiko-yatai .他 の 呼称 と し て 太鼓 ・ ふとん 太鼓 ・ ちょう さ ・ 頂載 ( ちょうさい ) ・ 千歳 楽 ( 千 才 楽 ) ・ ヤッサ ・ 四 つ 太鼓 ・ ふとん 御輿御輿 太鼓 ・ 布団 だんじり ・ 太鼓 山 等 、 総称 と し て 屋台 ・ 太鼓 屋台 等 が あ る 。
Also , Higashiwakagoza mikoshi ( portable shrine for children of Higashigoza mikoshi ) known as kodomo mikoshi ( portable shrine carried by children ) , participates in the Shinkosai .また 子供 神輿 で あ る 東 若 御座 神輿 も 参加 する 。
As the portable shrine is taken down , young men wearing only loincloths hang from the poles attached to the portable shrine , which is called " choppen . "神輿 が 降り る 際 、 ふんどし姿 の 青年 が 担ぎ 棒 に ぶら下が り 、 これ を 『 チョッ ペン 』 と い う 。
Three large portable shrines are carried by the total of not less than 1000 brave men ; the rampage of portable shrines is spectacular .3 基 の 大神輿 を 総勢 1000 人 以上 も の 勇猛 な 男達 に よ り 担ぎ 揉 ま れ て 神輿 が 暴れ狂 う 様 は 圧巻 で あ る 。
If not , they transferred shinboku to " Kondo-hall " ( the main hall ) of Kofuku-ji Temple , asked both Isonokami-jingu Shrine and Yoshino-katte-myojin Shrine to send " mikoshi " ( portable shrines carried in festivals ) , and occasionally called for help to seven large temples of " Nanto " ( southern capital , referring to Nara ) , including Todai-ji Temple .しかし それ が 無 い 場合 に は 神木 を 興福 寺 金堂 に 移 し 、 石上 神宮 ・ 吉野 勝手 明神 両社 に 神輿 の 派遣 を 要請 、 更に 場合 に よ っ て は 東大寺 など の 南都 七 大寺 に も 支援 を 要請 する 。
The Teibo-jinja Shrine in Japan was built on the premise of Goryo-jinja Shrine ( Fukuchiyama City ) , with the embankment itself a divine symbol , in order to honor those predecessors who setup the embankment , as well as a sign to remind others of the dangers caused by the floods , and on August 15 of every year since 1931 , the ' Teibo Matsuri ' ( embankment festival ) is held , in which a portable shrine tours the city .その 恐ろし さ や 先人 の 築 い た 堤防 の ありがた さ を 後世 に 伝え る ため 、 御霊 神社 ( 福知山 市 ) 境内 に は 全国 唯一 の 堤防 その もの を 神体 と する 堤防 神社 が 建立 さ れ て お り 、 1931 年 ( 昭和 6 年 ) 以降 の 毎年 8 月 15 日 に は 、 神輿 が 市内 を 巡回 する 「 堤防 祭り 」 が 行 わ れ て い る 。
Festival cars can have a role similar to portable shrines as an object to which a spirit is drawn , or are elegantly decorated for dedication , and shishimai and dancing , which can be categorized as Shinji mai ( shinji dance ) and hono-mai ( Shinto dance for dedication ) , are both carried out mainly by shrine parishioners , and in the case of hono , towns of shrine parishioners often compete against one another by elaborating on elegance and style of execution .山車 に は 神輿 に 近 い 依 り 代 の 役割 を 持 っ た もの と 奉納 の 風流 が あ り 、 獅子 舞 や 舞踏 に も 神事 舞 と 奉納 舞 が あ る が 、 どちら の 場合 も 氏子 が 中心 に 運行 さ れ て お り 、 特に 奉納 の 場合 は 氏子 各町 が 華やか さ や 運行 形態 に 趣向 を 凝ら し 、 競い合 い っ て い る こと が 多 い 。
Furthermore , there is a record that danjiri 's miyairi ( ending of a festival by bringing portable shrines or floats back to the shrine ) began at Osaka Tenman-gu Shrine during the Kanei era , which was the era of the Third Seiitaishogun ( literally , ' great general who subdues the barbarians ' ) Iemitsu TOKUGAWA .さらに 、 3 代 征夷 大 将軍 の 徳川 家光 時代 の 寛永 年間 に 地車 の 宮入 が 大阪 天満 宮 で 始ま っ た と い う 記録 が あ る 。
Enryaku-ji Temple and Kofuku-ji Temple exercised the authority of kami such as mikoshi ( portable shrine ) of Hiyoshi-taisha Shrine and shinboku ( sacred tree ) of Kasuga-taisha Shrine , respectively , when they went to the Imperial Palace in Rakuchu ( inside the capital Kyoto ) to make their demands ; if it did not work , they would take actions like leaving mikoshi and shinboku at its gate , practically halting the political function .延暦 寺 は 日吉 大社 の 神輿 、 興福 寺 は 春日 大社 の 神木 など の 「 神威 」 を かざ し て 洛中 内裏 に 押し掛け て 要求 を 行な い 、 それ が 通 ら な い 時 は 、 神輿 ・ 神木 を 御所 の 門前 に 放置 し 、 政治 機能 を 実質 上 停止 さ せ る など の 手段 に 出 た 。
The Kankosai is a shrine ritual whereby the portable shrines and gods pass through each ujiko machi from the otabisho to go back to the Yasaka-jinja Shrine .還幸 祭 は 神輿々 が 旅所 から 各 氏子 町 を 通 り 、 八坂 神社 へ 還 る 神事 。
In 1087 , an invocation was made from jinin ( associates of Shinto shrines ) of Usa Hachimangu Shrine to Imperial palace of Shirakawa-in ( Retired Emperor Shirakawa ) , stating that Sanemasa shot mikoshi ( portable shrine ) of Sei Hachimangu with an arrow and has broken it , and Sanemasa resigned the position of Dazai daini and went to Kyoto in 1088 .寛治 元年 ( 1087 年 ) 、 宇佐 八幡 宮 の 神人 から 白河 院 御所 に 対 し て 、 実 政 が 正八幡 宮 神輿 を 射 て 毀損 し た と の 訴え が あ り 、 翌 寛治 2 年 ( 1088 年 ) に 実 政 は 太宰 大弐 を 辞 し て 上洛 し た 。
表示中のページ1。見つかった10182の文に一致するフレーズportable shrine。2.182ミリ秒で発見。注意!翻訳メモリは、人間によって作成されますが、間違いを引き起こす可能性のあるコンピュータで整列される。彼らは多くのソースから来て、チェックされません。